撮る記?

Ryujin または ぱんだおじさんの撮影日誌

戦場ヶ原でノビタキを見てきた

time 2018/05/28

戦場ヶ原でノビタキを見てきた

27,28と那須の家の草刈りに行きました。草ボウボウだったのですが気合いを入れて刈ったら27日でケリがついちゃいましたね。最悪は草刈りで2日と見込んでいたのですが、早く終わった場合を見越してカメラはシッカリ積んであります(^^
さ~て、どこ行こうか?栃木県民の森も道中にありますが、とりあえず戦場ヶ原へゴー!

日光について東照宮辺りで信号待ちをしてたら突然の大雨!かなり大粒な雨が最初ポツリポツリときて一気にザーって感じだから道行く人も右往左往しています。
この時点で諦めかけたけど、ここまで来たんだからと、いろは坂を上ります。いろは坂はそんなに濡れていない?ひょっとして・・と希望が湧きますね。戦場ヶ原は青空も見える良い天気です。あの雨は何なんだ?

あの雨が来たらカメラがアウトなので、雨具のポンチョと折り畳みの傘をリュックに入れて歩き出します。エゾハルゼミの鳴き声もきこえるけど、まだそんなにうるさくはないですね。遠くでカッコーの鳴き声がしますが姿の確認はできず。
もう少しで戦場ヶ原から泉門池へ繋がる樹林帯に入ろうとするあたりまで撮った鳥はゼロ!歩き始めが2時を廻っていたけど、鳴き声はそこかしこに聞こえるけど姿を見つけられないんですよね・・・まいったなあ(^^;
で、やっと木立に鳥影発見!が完全に逆光でシルエット量産です。やっと胸元の色がわかるのが撮れましたんで一安心。ノビタキですね

歩き出す前は、泉門池から湯ノ湖へ抜け、バスで赤沼までもどろうか?とか考えていたのですが、木立の中に入ったら「戻ろう」。戦場ヶ原でさえ鳥を探せなかったんだから木立の中じゃ余計無理だぁ(^^;
湯滝辺りの湯川でカワガラスを探す楽しみもあることはあるんですが、久しぶりの歩きでかなり疲れた感じ?昼はソバだけだったので腹も減ったし。
戻りかけてる時に頭の上に何か止まりました。下で私がウロチョロ動いても一向に飛び立つ気配がありません。あなたは誰?(^^;

帰ってから調べりゃわかるさ、と思っていましたが未だに未解決です(^^;

山の方の雲の様子が怪しいので急ぎ足で赤沼に戻ります。いつの間にかエゾハルゼミの鳴き声も聞こえなくなっています。ちょいヤバイ状況ですね。
途中で二人のカメラマンが夢中で何かを撮っています。少し手前で気が付いたので、そ~っとお二人の後ろに回り込みますが、私には気が付いてない?気が付いてても今はそれどころじゃないのでしょう。レンズの先を双眼鏡で見たらアオゲラが居ました。

このお二人、私が行くときもここで待ちの体制だったような?鳥が良く来る場所なのかどうかは分かりません。アオゲラをひとしきり撮り終えたらお二人で結果の画像を見ながら話し始めましたので私はその場を離れました。
ズミはもう終わってしまったかと思っていましたが見ごろの状態でした

赤沼の駐車場にたどり着き、車に着いた頃にポツリポツリと来ましたが、それで終わりでした。

お出かけ

独り言