撮る記?

Ryujin または ぱんだおじさんの撮影日誌

フクロウを見に

time 2019/05/12

フクロウを見に

フクロウの雛がそろそろ見られるのでは?と茨城と栃木まで行ってきました。
というとものすごく遠出をしたようにも聞こえますが、渡良瀬遊水池あたりに埼玉・栃木・群馬・茨城の県境が集まってるので、ちょっと移動するだけで県境を超えてしまいます(^^;
まずは茨城の小鳥の名前がついた神社です。期待していなかったけどカメラで何人も木の上を狙っています。居るんだ!(^^

すっごく低くて近い距離に居るのですが葉っぱや枝が邪魔して全身が見えません(^^;

ほぼ真下から見上げるような位置ですがやはり顔が見えません。
足の爪の凄さがわかるからこれはこれで良いのですが・・・残念
そうそうに退却して隣町の町の名前が付いた神社へ向かいます。隣町はもう栃木県ですね

駐車場近辺には大勢の人がタムロしています。大当たりの時期だったようです。Pも1,2台空きがありラッキー。臨時のPもあったようですね。
高い木の上を狙っている方のレンズの先には・・・親鳥ですね(^^
家内に双眼鏡を渡し、いる位置を説明しますが、どうしてもわからない、とか???(^^;

ヒナは社殿脇の木にいるそうで行ってみます。枝の影からこっちを見てるような?気がします(^^
この子は家内もすぐに見つかったようです。
ただ、すぐ脇に梯子が掛けてありました。落ちちゃったのをどなたかが戻してくださったのでしょうかね?良くわかりませんが、梯子も写ってしまいますねえ

けっこうあっちこっち向きを変えて見てるようですね。
こっちを見てくれたようです(^^
これを撮って満足して帰ってきました
帰り間際にもう一度親鳥を撮ってと。目がなれたのか、家内も今度は判ったようでメデタシメデタシでした。
帰りにちょっと寄り道してトラフズクが見られたところにも回ってみましたが、こちらはカメラマンもウオッチャーもいませんでした。
ただ、過去に誰もいないけどヒナがいたときもあったので探すべきなのですが、家内同行のため割愛です(^^;

お出かけ

独り言